Photoshop

Photoshopとはアドビシステムズが販売している画像編集ソフトです。
主に写真編集のソフトとして利用されており、Web作成関連者以外にも印刷業者やイラストレーションなどの専門家にも使用されています。

Photoshopとは?

Photoshopは2次元コンピュータグラフィックを代表する画像編集ソフトです。
レイヤーやパス、印刷情報や著作権の情報なども加えることができます。

元々は1987年にMAC向けに開発した画像編集ソフトでした。
その後様々なバージョンアップをし、ウインドウズ用も開発され価格も低価格になり一般の人からプロまで幅広く使われるソフトへと成長しました。

以前は高額なソフトであったのですが、現在は廃価版も登場したり、デジタルカメラのソフトに付属されるなどで多くの人に広まって行きました。
現在は無料体験版の登場や、月額プランが選べるようになり更に敷居は低くなり使いやすくなりました。
また学生割引きもあるため教育機関や学生のツールとしても利用することができます。

Photoshopの機能

主に写真の加工をするソフトとして広まっていますが、そのほかにもデザインやWebデザインの製作も手がけることができます。
その中でもメインの機能となるのが画像の加工や編集となります。

Photoshopでは多くの画像フォーマットに対応し、ビットマップ画像やベクターイメージを作成することができます。
ビットマップ画像は点が集合した画像のことで、拡大するとドットが集まっていることがわかります。
一方ベクターイメージは点や線で画像を作成する方法で、拡大すると点は表示されません。

またPhotoshopにはレイヤーという機能がつけられています。
これは写真を薄いフィルムのようにして何枚も重ねるようなもので、複数の画像を加工して重ね合わせることができる機能です。

画像の修正に便利なPhotoshop

Photoshopを使うと様々な画像の修正ができます。
例えば画像にレトロな雰囲気を加えたり、カラーを入れ替えることも可能です。
画像を拡大表示すればドットとなるため、不要な人物や物を消すことができます。
また印刷業界などでも利用されているのが、人の肌の質感を変える方法です。
肌の荒を目立たなくしたり、シミやくすみを消すなど美容業界のモデルや、雑誌などでも良く利用されている方法です。

ソフトの操作画面にはガイド付きの編集モードが選択できるため、初心者でも容易に操作できるようになっています。
補修前と元の画像を比べることもできます。

またボタンを押すだけでワンクリックで画像を補正できる機能も兼ね備えています。
簡単な画像の修正ならカラーやコントラストの変更ができ、より高度な操作が必要な場合はスライダーでも操作できます。

加工した画像はWebサイトに利用したり、家庭用のプリンターで印刷しやすいよう調整し、家庭で楽しむなど様々な用途に使えます。