1. >
  2. >
  3. Google Web Designer

Google Web Designer

Google Web Designerとはグーグル社から提供されているデザイン作成ソフトのことです。
HTML5で構成された高度なアプリケーションで、視覚でも確認できる便利な機能を兼ね備えています。

Google Web Designerとは?

プロ並のWebデザインが可能で、HTML5に対応しているのが特徴的です。
CSSやJavaScriptにも対応し、作成したページはすぐにプレビュー機能で確認でき、様々なブラウザでの動作チェックも可能となっています。

プロ向けのソフトとして利用されているのがAdobeとWebデザイナーですが、今後はFlashの時代は終わりと見て、HTML5のソフトを打ち出しました。
実はスマートフォンなどの端末ではFlashが対応していない面も多く見られており、今後はHTML5の時代が来ると予想できます。
グーグルが提供するアンドロイドでもFlashの対応は終了しているため、新しい時代に向けたソフトだといえます。

実際に2008年以降に提供されているブラウザの多くはHTML5に対応し、HTMLに比べて構造的に簡素なwebサイトを作ることができるため対応するサイトも多く登場しています。

また、動画や音声・グラフィックの描画が可能となるため、広告を製作するツールとしても活躍しています。
Google Web Designerを使えば専門的なコード知識が無くても、以前のFlashのような動的なツールを作成できるようになります。

Google Web Designerの使い方

Google Web Designerは無料で提供されているソフトでもあるため、実際に試してから使うことができます。
様々なプラットフォームに関わらず、アニメーションを製作できるソフトと考えておくと良いでしょう。

一度作成すればパソコン、スマホ、タブレットなど何でも表示できるアニメーションを作ることができます。
ほかにも動画、地図などのWebサイトに使用する機能を追加することも可能です。

実際に起動してみるとAdobeのような操作画面が登場し、photoshopに慣れている人なら問題なく使用できるでしょう。
今後は広告業界をターゲットにし、簡単に作成しながら広告も提供することができるソフトになりそうです。

新規作成を選択するとバナーのサイズが選べ、Goole広告バナーを簡単に作れます。
また通常のHTML、CSS、JavaScript、XMLを選ぶこともできるため、Web作成関係者は持っておいて損がないソフトです。

アニメーションを作成する画面はペンツール・テキストツール・インクやバケツなど画像加工ソフトとそれほど変わりはありません。
作成が終わったらプレビュー画面やコードの表示などで確認でき、再生することもできます。

今後はバージョンアップがあれば無償で自動的にアップデートも可能、これからはHTML5が多く見かける時代となる可能性もあるでしょう。
まだ公開されたばかりのソフトのため使いにくい点や、扱いにくい面などもあるようですが、今後も期待できそうですし何よりも無料なためアニメーション作成のために使い方を覚えておきたいソフトでしょう。