Dreamweaver

Dreamweaverはアドビシステムズが販売しているWeb作成ソフトです。
高機能な性能を持っているため、専門家たちの間で使用している人も多いソフトとなっています。
料理金は多少高めの設定ですが、使用する前に無料体験版もあるためお試ししてから使うことができます。

Dreamweaverとは?

HTMLやXHTMLに対応、PHP/ASP/JSPなども編集が可能なソフトです。
日本では1998年に販売を始めたのがはじまりとなり、現在では上位版であるバージョンも販売されています。
Dreamweaverに加えデータベースの連携機能が加えられているため、好みのソフトを選ぶと良いでしょう。

Web作成関連会社やプロの圧倒的なシェアがあり、ホームページ作成ソフトとして広く利用されています。
ある程度知識がある人でもソフトは不可欠で、HTMLタグを手入力することはなく、作業効率を考えるとDreamweaverのような作成ソフトを使うことが多くなっています。

またスマートフォンサイトなどにも対応し、最新のブラウザやデバイスにも対応することから利便性が良いといえます。
ただし機能性が良いといういことは、それだけ初心者には難しいソフトで気軽に使いこなすものではありません。

Dreamweaverの機能

Dreamweaverで最大のメリットはテンプレート機能やライブラリです。
テンプレートの自由度が高く、ひな形を作ってしまえば同じようなサイトを量産するのにも適しています。

逆をいうと用意されたテンプレートが元々無いため、オリジナルのテンプレートを作成する人に適しているといえます。
一からデザインを作り出し、様々なオリジナルのセンスを交えて作成できるため、大衆向けに作られたWeb作成ソフトに比べると時代にあったWebサイトやオリジナリティを出しやすい特徴を持っています。

Dreamweaverのデメリット

誰でもとっつきにくく簡単に作成できるソフトというよりは、ある程度HTMLの知識がある人向けに作られたソフトです。
テンプレートからデザインを選び簡単に作りたい方、HTMLの知識が無い方が手っ取り早く作成するには向いていません。

ソフト自体に機能が満載のため操作方法も覚えなければならず、お値段がやや高めの設定なのも敷居が高いといえます。
個人向けならMicrosoft FrontPageやホームページビルダーを使うことが多くなっています。

レスポンシブWebデザインに対応

初心者にとっては使いこなすことが難しいDreamweaverですが、その代わり新しいWebのシステムに対応できるソフトとなっています。
そのひとつがレスポンシブWebデザインです。

今ではWebサイトを閲覧するためにはパソコン以外に、スマホやタブレットのようなモバイル端末からの利用者も増えてきています。
Dreamweaverはどの端末からみても綺麗に表示されるようなテクニックが加えられ、レイアウトを美しく表示できます。
個人が使うソフトではなかなか難しいこともあるため、最新の機能に対応するWebサイト作りにはやはりDreamweaverが良いといえるでしょう。