Coda 2

これからウェブコーディングをしていきたいと思っているのならば、どれだけ優れたソフトを利用することができるかがターニングポイントとなってくるのではないでしょうか。
最近のサポートツールはかなりハイレベルなものも多く存在しており、これらを上手く利用することができれば、あなたのウェブ制作に役立ってくれるのは間違いないといえるでしょう。

Coda 2というサービスもあって、こちらのサービスを利用することができれば、より高品質なコーディングを実施することができるはずです。
ウェブコーディングの必要性があって、それが質の高いものではなければならないというのならば、それなりの道具にこだわる必要もありますので、そのような場合にはCoda 2をチョイスしてみるのもよいでしょう。

Coda 2の特徴

こちらのツールの特徴なのですが、軽快かつクリーンで、さらにパワフルな作業を可能とする総合力のツールとなっており、便利なプレビュー機能を備えていたり、ファイルマネージャー機能もより充実したものとなっております。
こちらのアイテムは、2という名称からもわかるとおり、前作からのパワーアップバージョンなのですが、スピードの部分は4倍速まで高めることに成功しております。
言語カラーリングは4倍、さらに言語モードの解析も10倍スピーディーになっておりますので、スピード感のある編集作業をリズムを大切にしながら行うことができるのではないでしょうか。

重要なエディタ部分についても改良が加えられており、より使いやすく、スムーズなコーディングを可能とするために改良されております。
ローカル項目をインデックス化することによってサポート能力を高めたり、ツールの選択肢を大幅に増やしてくれるプラグインの管理も容易となっております。
プラグインはウェブ制作の可能性を広げてくれる部分でもありますので、これは利用者にとっては嬉しいところではないでしょうか。

直感的な操作でストレスフリー

CSSオーバーライドによってより直感的でスムーズな編集が可能となっており、利用者にストレスを溜めさせないという部分を非常に重視しております。
また、ウェブページの公開における部分においても重視しており、こちらについても改良されております。
外部ツールによる更新を素早く検知する機能があったり、保存して公開なども迅速かつ確実にできるようになっております。

このように前作に比べて圧倒的に洗練されたサービスとなっておりますので、これからウェブコーディングをするのならば、Coda 2を徹底的に活用してみるのもよいのではないでしょうか。
あなたのウェブ制作をより豊かにしてくれる可能性は高いでしょう。