1. >
  2. >
  3. Webディレクション検定

Webディレクション検定

Webディレクション検定はWeb作成の基本的な知識から、サイト作成の企画まで立てられる立場の人におすすめの検定です。
現代社会では様々な企業にてWebの活用性が期待されていますから、ちょっとした知識から自社サイトの戦略を立てるまでの応用を身につけたい人に適しています。

Webディレクション検定とは?

Webディレクションと一言でいってもその仕事内容は様々です。
Webサイトを単に立ち上げるだけに留まらず、企画や編集、デザイン、政策など多彩な分野の知識が必要となる仕事となります。
売上に導くWebサイトの構築が必要で、企業と社外の人の立場に立ち円滑に業務を進めていく能力が求められます。

例えばWebサイトの色ひとつを取っても、どのような意図を求めているかにより選ぶカラーは異なります。
何を目的としたサイトなのか、そして全体的なイメージを掴まないとそのサイトにあった色は選ぶことはできないのです。

ナチュラルなイメージを求めていることもありますし、自然の印象を高めたい場合もあります。
そんな希望を正しく読み取り、それを判断しながら進めていく能力が必要となります。
Webサイトを作る人が全て専門的な知識を持っているとは限らず、意図を読み取りながら、上手く希望を引き出すのがWebディレクターの仕事となります。

Webディレクション検定に必要なこと

多彩な基本的なスキルを求められる仕事ではありますが、全ての分野において高い能力が必要なわけではありません。
それぞれ専門分野を極めながら、必要とされる企業のWe製作に立ち会えれば良いのです。

例えば会社内におけるディレクターでは、企画力や提案力が求められます。
新しい分野の提案力を磨いたり、プレゼン力が必要となるわけです。
アートディレクターならデザイン力、構成力が求められ、クライアントの意向を読み取りそれを実現するための知識が必要です。

Webディレクション検定について

Webディレクション検定の受講料は8,400円、パソコンで直ぐに受験することができます。
試験時間は60分、問題は100問、70%以上正解すると合格となります。
検定終了後に直ぐ合否がわかり、間違った分野もすぐに確認することができるため、1度受験に落ちても苦手分野を克服しやすい検定です。

受験資格は特になく、年齢制限や経験などは問いません。
総合的に必要となるスキルはコミュニケーション能力です。
クライアントと打つ合わせをしたり、会社内でプレゼンしたり、Webサイトに必要な要素をヒアリングするなど、どのケースでも人とのコミュニケーションが必要となります。

また、基本的な能力の他にも、普段からクライアントやスタッフと会話をスムーズに進めるよう心掛けておきましょう。

そのほか必要なスキルはプランニングする能力、プロジェクトを管理する方法、基本的なWeb作成に関する知識の習得、デザインに関する知識も持ち合わせておくと便利です。
Webディレクション検定に合格したからといって終了なのではなく、様々なニーズにも対応できるよう日々情報収集も必要となります。