1. >
  2. >
  3. 専門性の高い資格試験

専門性の高い資格試験

手で資格を取るイメージ

求められる人材

WEBデザイン全般に関する知識を問う試験には、ウェブデザイン技能検定やWebクリエイター能力認定試験をはじめいくつかの種類がありますが、業務の内容によってはこれらの試験ではカバーすることのできない、より専門性の高い知識やスキルが必要となることもあるでしょう。
そのような時には、それそれのスキルに絞り込んだ検定試験を受験することでより確実な技術を身に付け、そして技術を持っていることを証明できるようになりますよ。

専門性の高い資格試験としてまずご紹介したいのが、ウェブ解析士認定試験です。
これは、WEBマーケティングにおける解析の技術を身に付けていることを証明する資格試験で、WEBページのアクセス解析を行い、その結果からどのような情報を読み取ることができるのかについて正確な判断をするためにスキルを身に付ける試験となっています。
インターネットを利用したマーケティングの手法であるWEBマーケティングは、今やビジネスのためには欠かすことのできないとても重要な存在となりました。
だからこそ、それらの情報を正確に利用できるスキルや、そのスキルをきちんと活用できる人材というのが重要となってきているのです。

試験の種類

ウェブ解析士認定試験には基本的な知識を学ぶ初級のほか、より専門的な知識とマーケティングの計画や立案までできるスキルを身に付ける上級、さらには他の人にWEBマーケティングについて教えることのできる「マスター」があり、これらは所定の期間で講座を受け、認定試験を受験することが可能です。
また、WEB言語の一種であるPHPを使いこなすための技術を問う「PHP技術者認定試験」も、WEB業界を目指すならぜひ視野に入れたい資格です。

WordPressなどでも使用されているPHPは、これからのWEB業界では必ず必要になるスキルであり、さらにきちんと身に付けることで仕事の幅を拡大することにもつながります。
PHP技術者認定試験には、初級・上級・ウィザードの3種類が用意されており、WEBデザイナーの場合はPHPでのプログラミングの基本知識を問う初級の知識があればいいのではないでしょうか?。

試験は指定された教材を中心にPHPに関する一般知識などを問うもので、指定された会場での受験となります。
また、独学での学習に不安を感じる人には、認定スクールでの講義を受ける事も可能なので、まずはスクールや指定テキストでの学習から初めてみるのがいいのではないでしょうか。