1. >
  2. >
  3. カラーコーディネーター検定

カラーコーディネーター検定

色の見分け

WEBデザインにおいては、「色」を的確に使用することがとても重要となります。
いかに色をうまく組み合わせるかということによって、WEBサイト全体の見栄えというのが全くちがってきますし、それがサイトのアクセス数などにも影響することになりますから、色についての知識とセンスを正確に身に付けることはWEBデザイナーにとっては本当に重要なことなのです。

そんなWEBデザイナーにとって重要な「色」についてのスキルを問うのが、「カラーコーディネーター検定」です。
カラーコーディネーター検定は東京商工会議所が主催する検定試験で、3級、2級、1級の3つに分かれています。
最も初心者向けである初級では、それぞれの色のもつ性質や、色についての基本的な原理、さらに色に関する文化的背景などを問う問題が中心となり、問題はすべてマークシート方式となっています。
3級は本当にごく基本的なことが中心となるので、すでにデザインの基礎を学んだことのある人であればさほど難しくはないかもしれません。

それに続く2級では、デザインと色の関係を中心に、色をつかって何かを表現したり、情報を伝えるというのがどのようなことなのかを学ぶないようとなっています。
2級の内容はかなりWEBデザイナーの仕事に直結した内容となるので、もし受験するのであればぜひ3級どまりではなく2級にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

3つの分野

さらに1級では、「ファッション色彩」「商品色彩」「環境色彩」の3つの分野から自分に必要な分野を選び、それを受験することになります。
ファッション色彩では、衣類や化粧品といったファッション分野で利用される色の効果をいかに有効活用するかということが中心となり、環境色彩は建築分野での色の活用についての内容となります。
WEBデザイナーにもっとも関連が強いのは「商品色彩」で、これは商業分野における色とそこから受ける心理的な影響やそれをどうビジネスに活用するかといった内容を問う試験となります。

カラーコーディネーター検定は、関連書籍なども多く出ており、さらに受験することができる会場の数や試験回数も比較的多いため、初心者にも取り組みやすいというところも魅力の一つですよ。
受験者向けのメールマガジン発行など、サポート体制が充実しているのも嬉しいところ。
色を学ぶことは仕事以外の面でも役に立つことが多いはずですよ。