1. >
  2. >
  3. 新卒で就職するには

新卒で就職するには

作った作品

ただでさえ求人数が少ない上に、即戦力が求められるWebデザインの世界。
新卒で就職するのはとても厳しい状況であるということは以前にも書きました。
では、新卒でWebデザイナーの仕事を得るためには、何をすればいいのでしょうか?
その鍵となるのが、Webデザインを学んだ学校で作成した作品です。

Webデザインを学ぶ学校では、多くの実習を通してそのノウハウを身につけることを行ってきたはずです。
入学してしばらくの間は、作品とはいえないような稚拙なものであったかもしれません。
しかし、勉強を続けるうちに徐々に腕は上がっているはず。
卒業間際に制作したWebサイトは、「自分の作品」として就職を希望する企業に提出できるレベルになっているのではないでしょうか。
いや、むしろ、その時点で企業に提出できるレベルの作品を作ることができていなければ、Webデザイナーとして就職できないでしょう。

作品の纏め方

作品集の作り方としては、「ポートフォリオ」という形式にまとめるのがもっともスマートでしょう。
ポートフォリオは、複数の作品をひとつの「入り口」から見ることのできる形式。
Webサイトであれば、ポートフォリオの入り口になるようなページを作成し、そこからリンクする形でいくつかの作品を配置します。
ポートフォリオに含める作品は、タイプの違うものをいくつかとりまぜるのが理想できです。

Webデザインの実務においては、クライアントさんからの要望に応じてさまざまなタイプのWebサイトを制作する必要があります。
つまり、自分が得意なスタイルのデザインや、自分が作りたいデザインだけを作っているわけにはいかないのです。
そのため、タイプの違う複数のサイトを作ることができるということをアピールすることは、新卒の就職においてはとても重要なポイントとなるでしょう。
また、純粋なデザインだけでなく、Webをよりよく見せるためのさまざまな技術、たとえばフラッシュやGifアニメーションといったものも学校では学んできたことと思います。

これらの技術を適度に取り入れることは効果的ですが、これ見よがしに過剰に盛り込むことは、かえって素人らしさが出てしまい逆効果です。
新卒にとって、学校で制作したものがあなたの経歴のすべてです。
厳選して良いものを選び、納得のいくものがなければ新たに制作するなどの熱意も必要ですよ。
経験が重視される職種とはいえ、未経験でも確かな技術と能力があれば評価される実力勝負の世界なのが、クリエイターという仕事です。