1. >
  2. >
  3. たくさん作ってみる

たくさん作ってみる

行動を起こす事

WEBデザイナーとして活躍をしたいと思ったら、まずは実践あるのみではないでしょうか?
もちろん、基本的な技術を身につけることは欠かせません。
HTMLやCSSが書けなければ始まりませんし、デザインや色についての基礎知識のないままに自己流でデザインしていては、いつまで経っても洗練されたデザインのサイトをつくることはできません。
しかし、それらの基礎知識をひととおり身につけたあとは、理論的な勉強よりも実践が大切になります。
いくら学校でWEBデザインについての理論を事細かに教わっても、実際の仕事で必要になることのすべてをカバーすることは難しいでしょう。

例えば、サイトを作るにあたってもそのWEBサイトの目的によってデザインは変えていく必要があり、それはデザイナーとしての視点からみたものを優先させて作るだけというわけにはいかないのです。
デザインとしてこうした方が美しいと考えていても、サイトの製作を依頼したお客さんはそれに賛成しないかもしれないのです。
その場合、依頼主であるお客さんの意見を完全に無視するというわけにはいきません。
また、美しさを優先するか、それとも集客の効果を高めるために多少のデザインセンスの悪さは妥協するか・・・というジレンマに陥ることもあるかもしれません。
こういったことは、学校で与えられた課題をこなすだけではなかなか身につかない部分ではないでしょうか?

コンセプトに沿ったサイト造りを

実践を積むと言っても、新卒でいきなりデザイン会社に就職するのは難しいかもしれません。
最近は実務経験のある人を優先的に雇用したがる会社が多いので、経験がないというのはとても不利なのです。
とはいえ、就職しなければ経験はつめない・・・そんな状況を打開するためにも、「どんなサイトでもいいから、ともかくたくさん作ってみる」勢いが必要です。
もし知り合いに飲食店などを経営していて、まだホームページを持っていないところがあれば、作らせて欲しい、と頼んでみるのも良いでしょう。

また、自分でアフィリエイトなどを利用したショッピングサイトをデザインしてみるのも良いかもしれません。
たくさんのサイトをつくることで、制作の流れも身につきますし、細かいトラブルにもスムーズに対処できるようになりますよ。
そして、それらの「制作実績」をポートフォリオにまとめて就職活動にのぞめば、実績無しの状態よりも有利に動くことができるのです。