1. >
  2. >
  3. Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに必要なスキル

ライティング

Webデザイナーになる為には、パソコンソフトを使いこなすことができるのも大事ですが、人間的なスキルを磨くことも重要になってくる様です。
ここで、必要なスキルについて記述してみます。

参考:今、Webデザイナーに求められるスキルとは?
このサイトを参考にしてみましょう。

ライティングスキル

Webデザイナーというと、パソコンスキルばかりを連想しますが、実はライティングスキルもとっても大切な能力のひとつになります。
なぜライティングスキルが必要なのか、それは「ライティングスキルがあがることで、魅力的な文章を書くことができる」というメリットが出てくるからです。
多くの人は、サイトを見て、そこに書いてある内容を見て「この事務所に仕事を頼もう」と考えます。
つまり、文章の書き方ってとっても大事なんですね。
パソコンソフトを高い技術で使いこなすことができたとしても、その能力をアピールすることができなければ、仕事を取ることはできません。
また、このライティングスキルはクライアントのサイトを造るときにも影響します。

自分だけのスタイル

Webデザイナーは、供給過多になっているのでは?という人がいます。
人材がたくさんいすぎるということですね。
この様な中で、Webデザイナーとして仕事をしてくのであれば、自分だけの得意分野というものが必要です。
また、人とは違ったデザインを造ることができるなどの特徴が必要ですので、それを身につける為に努力をしてみて下さい。
長く仕事をしていくのであれば、やはり「自分だけのセールスポイント」の様なものは必ず必要になります。

ソーシャルメディアマーケティングを身につけよう

フェイスブックやツイッターなどの技術を身につけましょう。
これらのスキルを身につけることで、情報共有をすることができるようになります。
また、マーケティングに必要なものとして利用できますので、やってみるのはオススメ。
実際、Webデザイナーの多くがこれらのコンテンツを使っています。

コミュニケーションスキル

意外なことですが、Webデザイナーとして仕事をする時、必要とされるのがこの「コミュニケーションスキル」です。
Webデザイナーというのは、パソコンにはりついて、ただ仕事をすればいい・・・というだけの仕事ではありません。
クライアントとのやりとりがスムーズにいくかどうか、それはコミュニケーションスキルにかかっているところもありますので、ぜひともこの「コミュニケーションスキル」を磨いてみて下さい。
よりコミュニケーション能力を高めるために英会話を学ぶデザイナーも増えてきています。
参考サイト:ビジネス英会話スクールなら神田外語Extention
どんな業界でも、円滑な人間関係を築く能力は必要です。