1. >
  2. >
  3. アンテナ感度を磨こう!

アンテナ感度を磨こう!

幅を広げる方法

WEBデザインを学びたいと思っているのであれば、WEBのことだけを勉強すれば良い、というわけではありません。
WEBだけのことを学んだとしても、秀逸なWEBデザインの仕事をすることはできないでしょう。
もちろん、WEBに関連する知識は必要最小限必要となります。
しかし、それ+αのものが必要となってくるのです。それは何でしょうか。

私はそれはアンテナを磨くことなのではないかと思うのです。
いろいろなことに対する興味や関心を高め、どんどん自分の物にしていく。
つまり自分のセンスを磨くための努力をする必要があるということです。
ただ漠然とWEBのことを勉強しているだけでは、その中で留まってしまうことになります。

机の前に座って、いろいろな人たちのサイトデザインを研究するというのもとても大切なことです。
しかし、そこから生まれてくるものというのは限度があります。その枠の中でしか発展することができないのではないでしょうか。
もっと奇抜な物を作りたい、他の人が今まで作ったことがないようなデザインを考えてみたい、そういうことを思ったら、どんどん自分から外に出て行くことも必要です。

さりげない日常から得られるもの

街を歩くだけでも、さまざまな発見があるでしょう。面白いデザインのものに触れて、そこから何かインスピレーションを受けるということもあります。
今までインターネットの世界では見かけたことがないようなものを見かけて、そこから独創的なデザインが生まれる可能性だってあるのです。
そのためには、何か自分なりにアンテナを張り巡らして、面白いものにチャレンジしたり、触れたりするようにしましょう。
ユニークな美術展があったら、それを見に出かけてみるというのも良いかもしれません。
視覚的なところから刺激を受けることになりますし、それが思わぬデザインを作るきっかけになるでしょう。

あるいは音楽会やコンサートにでかけて、耳からインスピレーションをふくらませることもできます。
映画や演劇といった芸術活動からも面白いヒントをもらえるかもしれません。
舞台芸術というのは、総合芸術でもあります。衣装や大道具、あるいは演技そのものから受けるイメージというのはとても大きいですし、今まで自分が気づかなかったことに気づかせてくれる力を持っています。
自分からそういうような芸術に触れることによって、よりWEBデザインの幅が広がるということもあります。
ですから、気になることやものに敏感になるアンテナを常に磨いておいて、情報をキャッチすることも必要なのではないかと思います。