1. >
  2. >
  3. センスが問われる仕事であることは間違いない

センスが問われる仕事であることは間違いない

色の揃ったペン

デザイン関係の仕事というのは、どんな仕事であっても「センス」を問われるものが多いです。
そう、センスを問われるものだからこそ、誰もができる仕事ではないという難しさがあるでしょう。
デザインの仕事はセンスも大事、そして流行も大事。
WEBデザイナーとして一生ご飯を食べていくのであれば、やはり「勉強をし続けること」が何よりも大事です。

WEBデザイナーの寿命

シビアな話になりますが、WEBデザイナーの「デザイナーとしての寿命」は決して長くないことをご存知でしょうか。
WEBデザイナーというと、つまりIT関係の仕事になるのですが、そもそもIT関係の仕事というのは、非常に寿命が短い仕事と言われているのです。
それがどうしてなのかについてお話しましょう。

IT業界というのは、ここ10年で一気に需要が高まった世界です。
だからこそ、今後新たな変貌を遂げる可能性もありますので、「絶対」という話にはならないのですが、やはりWEBデザイナーの仕事は「流行を追うことができる人間でならなくてはならない」ということが挙げられます。
洋服にも流行のスタイルがあるように、ホームページのデザインひとつにしても、流行があります。
それをしっかりと取り入れ、仕事に生かしていくことができる存在というのが、WEBデザイナーとして仕事をしていくには非常に大切なことになります。
でも、これは思った以上に難しい仕事。

新しい人

若いうちは、流行を追って仕事をすることができたとしても、年齢を重ねると「自分のデザインのパターン」の様なものが出来上がってしまっていて、そこを崩すことが難しい・・・と悩むことが出てくるでしょう。
そういう時に、新人WEBデザイナーが出てきます。
新人WEBデザイナーの場合、その時代の流行を知っているのはもちろん、勢いもあり、仕事に必要な技術や力を次々と吸収していくことができる柔軟さがあります。
こういう新人に、仕事をとられてしまう人も多い。
だからこそ、WEBデザイナーの定年はとっても早くなってしまうわけです。

もちろん、長く続けようと思えば続けられる仕事ですし、実際長く稼ぐことが出来ている人もいます。
ただし、そういう人たちの仲間入りを果たすためには、かなりの努力が必要である・・・ということは覚悟しなければならないのではないでしょうか。
何事もそうですが、WEBデザイナーの場合、更にその努力が必要です。
流行り廃りが早い世界だからこそ、WEBデザイナーの仕事を続けるためには、努力が必要なのです。