1. >
  2. >
  3. Webデザイナーの厳しい現実

Webデザイナーの厳しい現実

パズル

デザイナーの仕事

ネット関係の仕事というのは、どれをとっても華やかに見えるものです。
だからこそ、Webデザインを行うWebデザイナーの仕事というのも、外から見れば「パソコンを使ってすることができる、格好良い仕事」に見えるでしょう。
しかし、Webデザイナーの仕事というのは非常に大変。
その現実について追ってみたいと思います。
>>> Webデザイナーであること、Webデザイナーであり続けること

実際に、Webデザイナーの仕事をしている方が書かれた記事です。
とても厳しく、そして為になることを言っています。
インターネットで仕事をするということが当たり前になってから、Web関連の仕事は非常に増えています。
その中のひとつがWebデザイナー。

Webデザインを手がけるWebデザイナーという職業には、たくさんの人材が参入しています。
だからこそ、人材が多すぎる為に飽和状態となり、仕事の単価自体がどんどん安くなっています。

仕事の単価

例えば、お店に商品がたくさんあればあるほど、一個あたりの単価は安くすることができるでしょう。
それと同じで、数が多いWebデザイナーの仕事は、単価がどんどん安くなっているのが現実。
他に安い業者がたくさん出てきている現在、自分のところでも単価を下げていかないと、顧客を獲得することが難しくなっています。
記事からは、こんなWebデザイナーの現実が見えます。

また、高い技術を持っているからといって、採用率が高くなるとも限らない、ということにも言及していますよね。
高い技術を持っていると、どうしてもお給料をたくさん出さなければならなくなりますので、企業側としては「そこそこ形にできるものであればいい」ということになってしまうのです。
高すぎる技術がデメリットになる可能性もあること。
やはり、Webデザイナーには「なってみなければわからない現実」もある様ですね。

せっかく技術を磨いても、それが仇となって仕事をもらえなくなるという事実は、Webデザイナー以外の仕事にもあることです。
そこで、いかに「自分にしかできない仕事をするのか」「オンリーワンになるのか」が重要になってきます。
技術ばかりを追求するのではない、自分にしかできないこと探すこと、そして実現に向かって努力をすること、それがこの仕事には非常に重要になるのでしょう。
人気がある職業であるだけに、そのあたりのことをしっかりと考えた仕事のあり方を考えていく必要があるかもしれません。
技術職であるだけに、他の人と同じことをしていては勝つことができない職業になってきている様に思いますね。