1. >
  2. >
  3. WEBデザイナーの独立

WEBデザイナーの独立

キーボード

ウェブデザイナーとしてある程度仕事をしていると、独立を考える人もいるのではないでしょうか。
ウェブデザイナーとして独立をすることによって、大きなチャンスに繋がることもありますので、こちらについては最終的な目標として考えてみるのもよいかもしれません。

独立を目指したら

ウェブデザイナーとして独立するためには、最初からしっかりと目的を持って精力的に活動していかなければならないでしょう。
しっかりとプロセスを経て活動していかなければ独立するのは難しいと思われますので、最初にどのような道のりを経て独立を果たすのかを見据えておくことが大切です。

まずウェブデザイナーという職種はかなり独立しやすいタイプの仕事であるといえて、自らにスキルやマネジメント能力が備わっていれば、意外に簡単に独立することができるかもしれません。
当然、独立した後にも大変な部分はたくさんありますが、それでもその他の仕事に比べると圧倒的に独立をしやすいということで、積極的に独立を目指していくのもよいのではないでしょうか。

また、ウェブデザインというジャンルは、独立する上でのデメリットが少ない部分もあって、周囲の人達があなたの独立を阻止するような行動に出ることもそれほどありませんし、そもそもウェブデザインはあなたの想像力とそれを表現するツールがあれば完成してしまいますので、それほど材料費もかかりませんし、在庫もほとんどないといえるでしょう。
このようなことから独立の際に発生するリスクが少ないともいえますので、そのようなことからも独立を目指しやすいのです。

仕事を得るのが難しい

ウェブデザイナーとして仕事をするのならば、仕事を獲得するという行為が非常に難しくなってきます。
これまでに何らかの会社に雇われてデザイナーをしていた場合は、ほとんど営業のような仕事をしたことはないかと思われますので、今度はその営業も全て自分で行っていかなければならないのです。
自分を露出するのにお金がかかるかもしれませんし、ある程度の知名度がなければ、見向きもしてもらえないこともあるのです。
最低限、仕事を募集する仕組みを作らなければいけません。
仕事を募集するサイトを作成するだけでは他と差別化が難しいので、整体や歯医者など特定のジャンルに特化するのも一つの方法です。

整体や整骨院・治療院のホームページ制作なら集客に強いクリニックエール
ℹ整体や整骨院に特化したホームページ制作サイト

このように考えてみると、独立をすることによってウェブ制作以外の部分にも大きな労力が必要になってきますので、ウェブデザイナーとして独立するのならば、ある程度総合力というものも必要になってくるのではないでしょうか。

そのためウェブデザイナーとして独立をする前にコワークという形で周りの協力と人脈を作って下準備をするというのもいいでしょう。
近年、コワーキングスペースが至る所にあります。そうした場所に出掛けることで、同じように独立しようと思っている仲間とも出会い、新たな発見に繋がることもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

これからウェブデザイナーとして働き、最終的には独立を目指すというのならば、このような部分についてもしっかりと把握しておく必要があるのではないでしょうか。
決して楽な道のりではありませんので、しっかりと今後のことを検討した上で、独立するのか雇われたままやっていくのかを考えておきましょう。